吟醸・耶馬美人

吟醸・耶馬美人

米焼酎「吟醸・耶馬美人」

元日に実家に帰ったときに、
姉の旦那からいただいた高級米焼酎。

芋焼酎の、あのふくよかな旨みを知ってしまうと、
米焼酎とか麦焼酎は、正直物足りない。

個人的には、米焼酎の位置付けとしては、

芋焼酎や泡盛はちょっとクドイかなー、
とはいえワインでもないし、、

という時(ローテーションの谷間的な?)に、
飲むようにしている。

※クセがない分、グイグイと呑み過ぎてしまうので、
危険っちゃ、危険。

ただ米焼酎は、別に香りが良いわけでもないし、
だったら泡盛でいいんじゃね?
とは思うものの、やはり高級なものになると、
それなりに、旨いは旨い。

「ヤバいぐらいの美人」には滅多にお目にかからないが、
この「耶馬美人(やばびじん)」も、
普段はなかなか飲む機会のないレベルのもので、
蔵元は、大分県中津市の旭酒造。

その説明によれば、

本品は厳選した原料にて、弊社独自の吟蒸純米焼酎醸造技術を駆使し、
その年ごとに「最高の造りと認めた焼酎」を、
さらに十余年の歳月をかけゆっくりと熟成させた製品です。

とのこと。

辛口の中にほのかな甘みがあって、
極めて上品な味わいで、
和食全般、何にでも合う。

水割りにしては勿体ないし、
お湯で割っても、芋焼酎のような香りはないから、
あまり意味がなく、

オススメの飲み方は、
迷わずロックで。

カテゴリの最新記事