映画「4分間のピアニスト」

映画「4分間のピアニスト」
4分間のピアニスト

ドイツが生んだ最高のピアニストの一人、
ウィルヘルム・バックハウスの最後の録音が残っている。

死の1週間前、85歳の演奏。
まるで1ラウンドから打たれ続けたボクサーのように、
コンサートの途中で、
ドクターストップがかかる。

プログラムの残りの、ベートーヴェンのソナタを弾くのは、
とても無理だ。

しかしマエストロはそこで終わりはしなかった。

残された力を振り絞って、
彼の最後の録音を残すのである。

シューベルトの即興曲As-dur。

せめてこれだけはこの世に残しておきたいという思いの詰まった、
感動的な名演である。

——–
——–

この映画は、シューベルトのこの曲をモチーフにして、
淡々と映像を積み重ねていく。

今年の始めに、
タイトルだけ見て何となく買ったDVD。

見る機会がなく、
でも今年買ったものは今年のうちに見ておこうと、
何気なく再生した。

ドイツ映画というだけで期待していなかったのだが、
まんまと裏切られた。

刑務所、ピアノ、友情、、、
なんて聞くと、いかにも陳腐になってしまうのがくやしいぐらい、
よくできた映画だと思う。

今年最後のブログ総決算は、
この映画について書くことで、終わりにしたい気分になった。

——–
——–

それにしても、
久々に聴いたシューベルトの和音は、
温かいけれど、妙に寂しく感じた。

バックハウスの逸話のせいだろうか。

巨匠の没後、40年。
2009年が、終わる。

映画カテゴリの最新記事