映画「ブレイクアウト」

映画「ブレイクアウト」

ブレイクアウト

またしても、ニコラス・ケイジが登場。
別に、ファンではないので、念のため。

予告編のときから楽しみにしていたのだけれども、
まずまずのサスペンス。

登場人物も舞台(場所)もほぼ固定、という設定で、
強盗とその被害者家族を含めた、
複雑な人間関係や心理戦が展開するという話。

閉塞感を高めるために場所を固定する、
というのはホラーやサスペンスの常套手段なのだけど、
個人的には嫌いではありません。

だからといって、そんな閉塞感は味わいたくないです。

それほど重たい流れにもならずに、
ライトに仕上げているところが、イマドキの映画っぽい。

ハングリー・ラビット」のときもそうだったけれど、

ニコラス・ケイジの被害者役は、ハマりすぎだが、
でも銃で撃たれたときの、
全然痛そうじゃないリアクションは、笑えた。

いや、僕も実際撃たれたことがないので、
もしかしたらホントはそんなに痛くないのか…???

妻役はニコール・キッドマン。
無駄に大物を配役してしまった気がしないでもない。

映画カテゴリの最新記事