映画「ヒューゴの不思議な発明」

映画「ヒューゴの不思議な発明」

ヒューゴの不思議な発明

スコセッシ監督なので、
まさか純粋なファンタジーではないだろうと思っていたけど、
予想的中。

これはファンタジーのフリをした「映画オタクのための映画」(笑)。

主役は男の子でも、壊れたロボットでも、
ましてやチョイ役のジュード・ロウでもなく、
「ジョルジュ・メリエス」。

知る人ぞ知る、「初期カルト映画の帝王」である。

僕は別に映画オタクではないのだが、
ジョルジュ・メリエスの代表作「月世界旅行」については、

天文学の分野でも時々話題に出てくるので、
何度かyoutubeで見たことがあった。

「ヒューゴ」の中でもたびたび出てくる、
ロケットが月面(人面?)に突き刺さるアレである。

そんな事前知識があったから、
この映画のオタクぶりに思わず苦笑してしまったのだが、

でも多くの人はそんなことは知らないから、
純粋なファンタジーとして楽しむのだろうけど、それはそれでアリ。

たぶんそれもスコセッシの計算なんでしょうね。

だって単なる「ジョルジュ・メリエスの伝記」なんて映画にしても、
オタク以外は見ないでしょうから…。

というわけで、最近見た中ではちょっと珍しいタイプの映画でした。

映画カテゴリの最新記事