映画「トータル・リコール」

映画「トータル・リコール」

トータル・リコール
バーホーベンのオリジナル版は、もう22年も前かぁ…。
ということで、まずはオリジナル版のDVDを購入して、
失われた記憶を、補填。

CGを使わずに、あそこまで表現できるのは、スゴイ!の一言。
火星の乾いた感じとか、あの異様なグロ感、
シュワルツェネッガーとシャローン・ストーンの演技は見ていて安心できるし、
やはりあれは、名作の部類でしょう。

そして今回のリメイク版。
タイトルも全く同じでリメイクすると、大抵は失敗するのだけれども、
果たして…。

はい、失敗です。

映像に凝っただけで、オリジナルを超えているものは、
ひとつもないですね。

舞台も火星じゃなくなってるし、
今回の「コロニー」も、全然貧民街の雰囲気が出てないし、

なんかキレイに(無難に)作った優等生の映画、って感じ。

オリジナル版のような「ぶっとび感」がないので、
記憶をテーマにした映画なのに、残念ながら、「記憶に残らない」。

なんといっても、主演のコリン・ファレルが、
シュワちゃんと比べるのは酷だとしても、
「フォーン・ブース」で観たときは、期待の俳優だと思ったんだけど、
かなりしんどくなってきた。

やっぱり軽薄な顔(失礼)をした俳優は、人気も出ないし、
深みがないというか…。

それでも唯一の見どころは、ケイト・ベッキンセールの鬼嫁演技。

しばらく見ない間に、すっかり整形バレバレ顔になったのには若干引いたけど、
オリジナル版のマイケル・アイアンサイドの役も兼ねての演技は、
文字通り鬼気迫るものはあった。

あと、この映画は、無駄に光の演出をしすぎ。

暗くてじめじめしているコロニーに対して、
「明るい先進国」というイメージを付けたかったのだろうけれども、

演技上だけでなく、観ているこっちまで眩しくなるシーンがあり、
やたらと映像に光の筋が映りこんでるのも、すごく気になった。

鑑賞後にトイレで鏡を見たら、案の定、目が充血。
近づいてみると、眼球からエイリアンの触手がピヨピヨと・・・・・・

・・・って、それは違う映画でした。

映画カテゴリの最新記事