映画「フライト」

映画「フライト」
フライト

予告編で面白そうだったので、1000円デーということもあり、
初日の深夜に鑑賞。

予想では、優秀なパイロットが事故を起こしてしまい、
さらに何者かに恨まれて、体内からアルコールが検出されてしまった・・・

というサスペンス的な展開かと思っていたのだが、
全然違った。

デンゼル・ワシントン演じる機長は、ずばり、アル中。
フライト前日はもちろん、何と機内でもこっそり飲酒します。

しかも酔いを覚ますためにドラッグまでやる、
というふざけた役柄で、この時点で、同情ゼロ。

感動の要素など、なし。


被害を最小限に抑えるのだが、
飲酒操縦が問題にならないわけがない。

機長曰く、
「飛行機が故障したことと、飲酒は関係ない。
それどころか、自分の操縦で多くの人命が救われた。」

それも一理あるわけで、なので、この映画は、

「機体は部品の不備により故障したが、
機長の好判断で被害は少なかった。
しかしながら、機長は飲酒していた。」

のような特殊な状況の場合、世論や法廷はどちらを支持するのか、
という点にスポットを当てた、法廷ドラマのようにすれば、
かなり硬派な作品になっていたと思う。

そこに中途半端に、アル中とかヤク中とか、
親子の愛情とか、色事とか、
無駄なものを詰め込むから、印象がバラバラになる。

原作はどうなのかは分からないけれど、
ロバート・ゼメキスなら、それぐらいの料理はして欲しかった。

でも、デンゼル・ワシントンは、
相変わらず器用な演技をしますね。

適正価格:1,200円

映画カテゴリの最新記事