映画「チェンジング・レーン」

映画「チェンジング・レーン」

映画「チェンジング・レーン」

 

ベン・アフレック、サミュエル・L.ジャクソンの2大俳優が主演の、
2002年の映画。

結論から書くと、この映画はかなり好きかも。

ジャンル的には、サスペンス・スリラーになるのかもしれないけれど、
ヒューマンドラマの要素もかなり含まれており、
鑑賞後に爽やかな感動を味わうことができる。

ややネタバレを含みつつ、ストーリーを紹介。

ベン・アフレック演じる敏腕弁護士(面倒臭いから「ベン」にしよう)と、
サミュエル・L.ジャクソン演じる、うだつの上がらない保険業の男(面倒臭いから「ジャクソン」にしよう)。

何の接点もない二人だったが、
ハイウェイで車線変更をした際に、二人の車が接触事故を起こしてしまう。

ベンは大事な裁判へ向かう途中、
一方のジャクソンは奥さんから離婚を申し立てられており、
これまた裁判所へ向かう途中。

きちんとした事故処理を望むジャクソンを尻目に、
ベンは投げるように小切手を渡しその場を去るが、
裁判で用いるはずの大切な証拠文書を事故現場に落としてきてしまう。

裁判で勝つためには、その日のうちにその文書を提出する必要があり、
ベンは血眼になって文書を探すのだが、
ジャクソンが持ち去ったことを知る。

ここからがこの映画の見所で、
ベンはジャクソンを困らせるために、コンピュータをハッキングして破産状態にしたり、
一方のジャクソンはベンの車に細工をして事故を起こさせたりと、

あの手この手を使った、お互いへの嫌がらせが始まる。

とはいっても、ベンはその日のうちに文書を取り返さなくては、
虚偽の罪で刑務所行きになってしまう。

そんな中ベンは、自分の上司でもあり義父でもある男が、
実は裏で悪事を働いていることを知り、
正義感に目覚め始める。

一方のジャクソンも、妻や子供、友人にも愛想を尽かされ、
徐々に「まともな」男になっていき、ついに二人は和解する。

極限まで憎しみあっていた二人が、
周りのことが色々と見えてくるうちに、
次第に打ち解けてくるという流れが、実に上手い。

別に派手なアクションとか、入り組んだストーリーではないのだけれども、
二人の名優がそこを絶妙に演じている。

そしてラストには心温まるシーンが。

まぁ確かに普通じゃあり得ないような人物の行動とか、
やや強引な展開もあるのだけれども、
それでもこれは名作の部類だと思うなぁ。

 

適正価格(劇場換算):2,000円

映画カテゴリの最新記事