映画「エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる」

映画「エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる」

映画「エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる」

2011年のスペイン映画。

朝起きたら、街の上空に巨大円盤が、、、
というどこかで見たような設定で始まるが、

それ以外に宇宙人も出て来なければ、
そのこと自体について描かれることもないので、
SF的な要素はほとんどない。

要するにこの映画は、

「世界が終わるかもしれない?」という極限状態において、
人々の心理や行動がどう変わるか、

ということを描いたドラマ作品である。

人々、と書いたが登場するのは、

マンネリ化したカップルと、その女性に付きまとう隣人、
そして朝起きたらその女性の隣に寝てた主役の男性、

のほぼ4人のみで、

彼らの間で、誰が誰と寝たとか、
あいつの正体は実は宇宙人なのではないか、とか、

緊張感ゼロの極めて稚拙なやり取り繰り広げられるわけで、
まぁ、コメディに近いのかな。

唯一の救いとしては、
ミシェル・ジェナーというヒロイン役の女優さんが、
非常にかわいらしかったことぐらいで、

それ以外は終始、自己満足的な舞台を見せられているような、
あまり褒めるところが見当たらなかった作品。

適正価格(劇場換算):700円

映画カテゴリの最新記事