映画「ハプニング」

映画「ハプニング」

シャマラン監督の映画は久々に観たのだけれど、
これは結構好きかも。

植物がまき散らす毒素(?)が原因で、
人間が次々に自殺をしていく中で、
主人公夫婦がサバイバルしていくお話。

こういう不条理な恐怖を描くのが、
シャマランの真骨頂なわけなのだが、

何事も論理的に考えていた若い頃は、
それが許せなかったわけだけれども、

(一応)世の中の「ヤルセナサ」を知ってしまったおっさんになってみると、
あら不思議、シャマラン作品、いいじゃないですか。

「グロい」まではいかないけれども、
そこそこショッキングなシーンはあるので、
そっち系が苦手な人は要注意。

でもなぁ、なんで植物が暴走したのかなぁ。。

微分積分?累乗の計算?

ストーリーの中に登場する数学要素を、
謎解きのヒントにしている意見もあるようだけれど、
多分それは考え過ぎ(笑)。

微積分の意味を知っている人だったら、
何の意味もないことは分かるはず。

でも、そういうモヤモヤを残すところも、
シャマラン作品。

ラストは「メランコリア」とか「ノウイング」みたいに、
思い切ってカタストロフに振ってしまっても良かった気もするが、
まぁこれは、これで。

適正価格(劇場換算):1,900円

映画カテゴリの最新記事