映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」

藤原 竜也、伊藤 英明 主演、映画「22年目の告白-私が殺人犯です-

22年前に起きた、残虐な連続殺人事件。

時効となったいま、曽根崎という男(藤原達也)が、
真犯人として名乗り出る。

曽根崎は出版社と結託して告白本を出版し、
一躍、時代の寵児としてもてはやされる。

当時、逮捕直前まで追い詰めながらも、
犯人を取り逃がしてしまった刑事の牧村(伊藤 英明)は、
複雑な心境で成り行きを見守るが、

同じく、当時この事件を取材した、
ジャーナリストの仙堂(仲村 トオル)が司会を務める報道番組に、

曽根崎と、そして、新たに「真犯人」を名乗る男と共に、
出演することになるのだが・・・。

邦画にしては割と良くできてるなーと思ったら、
韓国映画のリメイクなのね。

過去の一つ一つの殺人事件の詳細については、
思い切ってカットし、

あくまでも22年後の「現在」に力点を置きつつ、
序盤でいきなり真犯人が現われ、
そしてそれをニセモノと糾弾する新・真犯人が現われ・・
という展開は、飽きることがない。

熱量の大部分は、
伊藤英明、藤原竜也、仲村トオルの3人に持っていかれた感じだけれど、

芸能界には疎いので、ほぼ初見に近い役者たちなのだが、
まぁ、演技もそこそこで楽しめる。

特筆すべきは、仲村トオルの演技かな。

クリーンかつ熱血なジャーナリストを演じているわけだけど、
それ以上のものについては、観てからのお楽しみということで。

王道のサスペンスストーリーに、
現代日本社会の要素をうまくちりばめて、
見応え十分な作品に仕上がっているのではないでしょうか。

適正価格(劇場換算):1,800円

映画カテゴリの最新記事