映画「禁断のケミストリー」

映画「禁断のケミストリー」

映画「禁断のケミストリー」
2014年、米・英合作の、
ラブ・コメディ。

薬剤師の主人公が、
家庭生活に嫌気がさし、

たまたま出会った美女と、
駆け落ちを試みる、
というお話。

薬局が舞台なだけあって、
主人公がハイになったり、
不倫相手の夫を殺害しようとしたり、

何かにつけて、
「クスリの調合」が出てくるのが、
この映画のポイント。

ただストーリーとしては、
特に見どころなく、
というか、むしろ退屈で、

主演のサム・ロックウェルの軽妙さと、
ヒロインのオリビア・ワイルドの悪女的な魅力とで、
ギリギリ持ちこたえる感じかな。

途中で寝落ちしてしまったので、
2日に渡って鑑賞したのだけれども、

うーーん、やっぱり、
二人のキャラの魅力以外に、
観るべきところはないな。

オリビア・ワイルドは、
個人的にはツボです。

適正価格(劇場換算):1,100円

映画カテゴリの最新記事