映画「特捜部Q 知りすぎたマルコ」

映画「特捜部Q 知りすぎたマルコ」

映画「特捜部Q 知りすぎたマルコ」
デンマーク発の、
人気ミステリー・サスペンスシリーズ第5作。

下記の理由により、
今作は個人的に大ハズレだった。

1.キャスティング
このシリーズの主役である、
カール&アサドを始めとする、
メンバー全員が新キャストになったわけだが、

前作までのキャストが魅力的だった分、
このガッカリ感はハンパない。

特に主役の2人。

アサドは頭悪そうにニヤニヤするだけの演技だし、
何と言ってもカールが、
高慢な爺さんになってしまったこと。

カールといえば、
病気に悩みながらも、
訥々と仕事をするキャラだったはずなのに、

今作では、
常に上から目線、
しかもいつも何か食ってるし、
設定もなぜか60代っぽい爺さんだし、

何から何まで、
すべてが受け付けない。

なぜこんなことになってしまったのか。

今更もう戻せないけれど、
興行的に失敗だったとしたら、
一番のポイントはココだね。

2.ストーリー
ドキドキ感がないというか、
単調すぎて、
数度正直寝落ちした。

何かの秘密を握る少年を保護しつつ、
異常性愛者の犯人を追い詰める、
という話なのだけれど、

ひとつずつ秘密が暴かれて、
最後にドンデン返しがあって、、、
というわけでもなく、

後半、少女がなぜ自殺したのかも分からないし、
登場人物同士の関係も分かりづらいし、

要するに、
地味なうえに雑。

それでも前作までのキャストであれば、
イマイチなストーリーも我慢できたかもしれず、
やはり「1」がデカい。

小説ではない映画の難しさを、
痛感させられる作品だった。

適正価格(劇場換算):300円

映画カテゴリの最新記事