映画「オールド」

映画「オールド」

M・ナイト・シャマラン監督、映画「オールド」
2021年のUS映画。

おなじみナイト・シャマラン監督による、
閉塞感、不条理感満載のサスペンス・スリラー。

僕も若い頃は、
シャマランなんて、、、
と思っていた時期もあったけれども、

頭も体もすっかり丸くなった今では、
こういうブラックユーモア溢れる作品を、
ファンタジーとして楽しむに越したことはない、
と思うようになった。

ざっとストーリーは下記の通り。
——————–
高級リゾートの訪れた4人家族。

テンションアゲアゲ↑のまま、
ホテルが用意したプライベートビーチへ。

だがそこは、
1時間で2年が経過するという、
恐ろしい場所。

他の2家族と共に、
脱出を試みるが、

子供たちは成長するし、
大人は歳を取るし、
精神異常を発症する者もいるし、

さて大変、
どうしたもんでしょう。
——————–
「瞬間で歳をとる」というのは、
『浦島太郎』にもあるような、
誰もが思いつくテーマなのだけれど、

それを敢えて、
高級リゾートという、
非日常の空間にぶっこんでくるあたりが、

シャマランさん、
さすがじゃないですか。

そんな日常とかけ離れた、
時間・空間のファンタジーに、
浸かるだけでも十分なわけだが、

敢えてこの作品に、
形而上的な意味を求めるのならば、

「時間とは何か、
歳を取るとはどういうことか」

ってことなんでしょうねぇ。

仕事に没頭したまま、
気づいたら歳を取ってた、
というのは、

極論を言えば、
この映画のビーチと同じわけですし。

1時間で2年、
というのはあり得ない気もするのだけれど、

案外我々は、
過労やらストレスやらで、
それぐらい寿命を削っているのかもしれませんよ。

ただ難癖を付けるのならば、
シャマランさんにありがちな、

蛇足的というか、
シラケてしまうような描写もあって、

うーーん、
それをやめてシリアスに仕上げるべきなのか、

でもシャマランだから、
ブラック・ユーモアにできた、

と捉えるのかは、
評価が分かれるのかもしれない。

適正価格(劇場換算):1,600円

映画カテゴリの最新記事