映画「TOKYO!」

映画「TOKYO!」

仏・日・独・韓合作の2008年の映画「TOKYO!」
2008年、仏・日・独・韓合作のドラマで、
3人の監督がそれぞれの「東京」を描く、
3作からなるオムニバス。

1作目は、
ミシェル・ゴンドリー監督による、
「インテリア・デザイン」。

都会に夢見て上京してきた、
若いカップルの挫折を描いた話で、

住宅事情とか、途中までは、
東京っぽさを醸し出しているけれども、

最後近く、
ヒロインがなぜか椅子に変身するあたりから、
僕にはちょっと意味不明。

2作目は、
巨匠、レオス・カラックスによる、
「メルド」。

まぁこの監督らしい、
毒っ気たっぷりの作品なのだが、

マンホールに潜んで、
時々地上に現れては悪行を働く、
謎の怪人を描いていて、

正直、東京である必要はないし、
胸糞なシーンも多く、
これは観る価値なしかと。

3作目は、
『パラサイト』のポン・ジュノ監督による、
「シェイキング東京」。

香川照之と蒼井優が、
引き籠もりを怪演した作品で、

特にストーリーもないのだけれども、
都会の閉塞感を表現できているし、
役者の演技も共感できるし、

3作の中では、
ズバ抜けてこれが一番だろう。

まぁ人それぞれの「東京感」はあるのだろうが、
半世紀近く東京に住んでる自分としては、
全体として納得のゆく作品ではなかったが、

かろうじて「シェイキング東京」だけは、
見れるレベルになっていると思う。

適正価格(劇場換算):700円

映画カテゴリの最新記事