訃報:フィッシャー=ディスカウ氏

訃報:フィッシャー=ディスカウ氏

5月18日、バリトン歌手のフィッシャー=ディスカウ氏が、
他界したというニュースを目にした。
(僕が聴いていた25年前ぐらいは「ディスカウ」だったのだが、
今では「ディースカウ」と表記するらしい。)

男性歌手は何と言ってもテノールが人気だけれども、
そんな中で「バリトン」の魅力を十分に伝えてくれる、
(すくなくとも僕にとっては)貴重な存在だった。

クラシック音楽から遠ざかって久しく、
こんな形で懐かしい名前を目にしたのは残念ですが、
ご冥福をお祈りします。

他界したとあって、
早速youtubeにも多くの動画があげられており、

紹介したいのは彼の十八番だったシューベルトではなく、
ベートーヴェンの歌曲。

「In questa tomba oscura(この暗い墓のうちに)」。

意外にもイタリア語の作品で、
心に染み入るような静かな名曲である。

音楽カテゴリの最新記事