MATT BIANCO LIVE

MATT BIANCO LIVE

行ってきました、マット・ビアンコのLive@Blue Note Tokyo。

 

Matt Bianco

「Sunshine Days」は、大学時代にやたらと流行ってた記憶がある。

でもまぁ、基本はバブル期のバンドだし、正直あまり期待はしていなかった。

それがどうだろう、おそらくメンバーも変更になっているせいもあるのかもしれないが、
サウンドに古さは全く感じられないし、なんといっても、演奏が上手い!

プロとはいえ、Liveで聴くと、声量がなかったり音を外したりで、
割とがっかりすることも少なくはないのだけれど、
さすがは、修羅場をくぐってきたバンドだけある。
演奏はほぼ完璧だし、盛り上げ方のコツも得ている。

ジャンルを問わず、良い演奏というのは、
音に厚みがあるというか、立体的なサウンドになる。

それは個々のメンバーのバランスとハーモニーからくるもので、
誰かひとりが突出していても、実現しない。

その意味で、この日のLiveは最高だった。
完全に「ひとつの音」になってた。

途中、ヴォーカル、コーラスとサックス(兼フルート)が退場し、
キーボードとドラム、ギター、ベースだけがステージ上で長いセッションをする箇所があり、

盛り上がったところで再度ヴォーカルらが登場、
もう一回テンションを上げて締めくくる、といった演出などは、心憎いばかり。

最後は観客総立ちで、あっという間のエンド。
あらためて音楽の楽しさを実感!

音楽カテゴリの最新記事