ピアノ練習メモ(その5)

ピアノ練習メモ(その5)

トッカータの次はショパンにしようか、、と前回書いたのだけれども、
悩んだ挙句、結局決めたのは、

スクリャービンの「12のエチュード Op.8」の12番、
ホロヴィッツがよく弾いてた嬰二短調のやつ。

まだ3分の2ぐらいまでしか弾いていないのだが、
臨時記号にさえ戸惑わなければ、
実はそれほど難しくないんじゃね、、という印象。

黒鍵が多いと、譜面的には難しく見えるのだけれども、
慣れれば割と弾きやすかったりもする。
(いやでも、後半の和音3連符連打が厄介なんだろうな、きっと)

年内マスターは到底無理なので、
来年の春ぐらいが目途かな。

あせらずいきましょう。

音楽カテゴリの最新記事