内田光子の「皇帝」

内田光子の「皇帝」

なんか最近、毎日「皇帝」を聴いているわけだが(笑)。

内田光子×小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラ

って見ただけでも、
色モノ系な匂いがプンプンして避けていたのだけれど、
酔った勢いで聴いてみた。

第一楽章は完全に浮き足だっていて、
uchidaさんもミスタッチが目立つ。

第二楽章冒頭の弦楽器が美しすぎて、
おぉ、これぞ小澤征爾、となる。

uchidaさんは、無難にこなすが、
ちょっとトリルがうるさい。

素晴らしかったのはフィナーレ。

ブリッジの部分で、
フィナーレのテーマをピアノで先取りして弾く部分があるのだけれども、
そこの丁寧な処理に感心した途端、

これまでの鬱憤を晴らすかのような、
躍動的な演奏。

ようやくエンジン全開したかのように、
uchidaさんの腕も冴えるし、オケとの息もぴったり合ってくる。

できれば最初からそうであって欲しかったけれども、
でもこういうのもライブの楽しさなわけで、
これはこれで、全然アリ。

やっぱりフィナーレのテーマ部分は、
左手を遠慮してしまってはダメで、

その点、uchidaさんは女性とは思えないほどの力強さだったし、

逆に、繊細にすべき部分は、
女性らしさが功を奏していて、
(ただ、第二楽章はちょっと鼻につく部分もあり)

起伏が激しいというか、
ドラマチックな演奏を楽しむことができた。

音楽カテゴリの最新記事