「平均律クラヴィーア曲集 第2巻」前半終了

「平均律クラヴィーア曲集 第2巻」前半終了

去年の1月から練習を始めた、
バッハの「平均律クラヴィーア曲集 第2巻」。

当初は、2ヵ月で1曲(プレリュード+フーガ)、
全24曲を4年かけて終わらせるつもりが、

40台後半にとっての1年は、
あまりに貴重なので、
途中から1曲/月にペースアップし、
先月、12番までを何とか終えた。

もう1年半というべきか、
まだ1年半というべきか、

1曲1曲の密度の濃さに、
ときに驚いたり、ときに悩んだりしながら、

とはいえ、
我ながら良い趣味を見つけたと思っている。

前半を終えた、といっても、
たぶん死ぬまで繰り返し弾き続けるだろうし、

この偉大なる作品を「終えた」などということは、
到底あり得ないのではあるが、

一応何とか、
半分を弾くことができるようになったわけなので、
ここらでちょっとひと休み。

この7月は、
1番から12番までを繰り返しさらいつつ、
来月からの後半スタートに備えている。

ということで、
区切りがついたので、

自分なりに前半の各曲の、
練習メモ的なものを残しておこうと思う。

●第1番(ハ長調)
・プレリュード
第1巻の1番のプレリュードはあまりに有名だが、
こちらの方も、負けず劣らず美しい。

冒頭2小節は、
左手は主音のオクターブを延ばしっぱなしという、

この第2巻でよく見られる、
オルガン音楽的?な雰囲気がある。

けれどそこから先は、
いかにもバッハらしく、

調性の間を彷徨いながら、
最後はさりげなくハ長調に戻って、
調和的完成度を感じさせてくれる。

・フーガ
オーソドックスな3声のフーガだが、
16分音符での同じ音型が目立つので、

パターンさえ慣れてしまえば、
それほど困難ではない。

プレリュードと合わせて、
前半では最も気持ち良く弾ける曲のひとつ。

●第2番(ハ短調)
・プレリュード
たしか第1巻もそうだったけど、
短調の曲のプレリュードって、
エチュードっぽい曲が多い気がする。

この曲もそうで、
基本的には16分と8分の同じような音型の繰り返しで、
音楽的には、正直面白くない。

心を無にして弾くべし。

・フーガ
左手での静かな主題の後に、
それを若干変形した右手が続く。

良い意味で重厚感がないというか、
全編通して祈るように進んでいき、

最後近くのストレッタも、
溜息の連続のようで、

C majorの和音で終わるのが、
いかにもバッハらしい。

●第3番(変二長調)
・プレリュード
第1巻1番のプレリュードを彷彿とさせる、
アルペジオによる曲だけれども、

左手はひたすら和声担当で、
8分音符を刻んでいるだけなので、
弾くのはラクっちゃ、ラク。

是非ともペダル付きで弾きたい。

ただ後半、突然眠りから覚めたように、
8分の3のアレグロに変わり、
そこから先は、左手が結構クセ者。

前半休んだツケをここで返せという感じか。

このアレグロが、前半の第一関門。

・フーガ
おどけたような主題によるフーガ。

冒頭と、8分音符の間に挟まる休符が、
このテーマの特徴で、

ここの間の取り方というか、
休符の前を伸ばしすぎず処理できるかがポイント。

ただ僕としては、
あまり好きなタイプの曲じゃない。

●第4番(嬰ハ短調)
・プレリュード
珍しくエチュードっぽくない短調。
ちょっとサラバンドっぽい。

ただ、装飾音が多いのと、
これは短調曲全般に言えるのだが、
臨時記号が多いため、
スムーズに弾くには結構骨が折れる。

曲としてはイイ曲で、
弾くたびに味わい深い。

・フーガ
16分音符3つのまとまりテーマを作る、
16分の12の曲で、

臨時記号が多いうえに、
単調である反面エチュードっぽいので、
弾くのはラクではない。

冒頭でテーマが、
地の底から湧いてくる感じがカッコよく、
終始緊張感が持続する。

ということで、
4番は、曲としては好きだけど、
個人的には難易度「高」。

●第5番(ニ長調)
・プレリュード
とりあえず最初の感想が、
「これ、ハイドンのソナタじゃね?」。

スケール+分散和音で上昇していく冒頭が、
なんか古典派の曲っぽいというのもあるけど、
何となくソナタ形式っぽいなぁ、
と思ったり。

第二主題はないのだけれど、
提示部→展開部→再現部、
という流れがちゃんとあるんですよね。

なので、
あまりバッハを弾いている感がしない。

それもバッハの凄いところなのか。

・フーガ
8分音符の三連打が印象的なテーマで、
このパターンは8番とか12番も同様。

後半のストレッタ含め、
この三連打がしつこいぐらいに顔を出すが、
曲としては極めてオーソドックス。

プレリュードも含めて、
この5番をひとことで表すならば、
「雄大」。

●第6番(ニ短調)
・プレリュード
これもまた、エチュード系短調。

臨時記号少なめということもあり、
割と気持ち良く弾ける。

・フーガ
4分の4拍子なのだけれど、
16分の三連符4つがテーマに含まれていて、
やや特徴的なリズムかも。

もしかしたら前半では、
弾くだけなら、
これが一番簡単かもしれない。

●第7番(変ホ長調)
・プレリュード
一言でいうなら、「牧歌的」。

3拍子系ということもあって、
舞曲っぽい感じもする。

上昇音型と下降音型の、
掛け合いが弾いていて楽しい。

・フーガ
コラール風というべきか、
長めの音符でゆったりと、
厚みをもった進行が特徴的。

この7番は、6番とともに、
前半では最も弾きやすい曲かも。

●第8番(変ホ短調)
・プレリュード
おなじみのエチュード系短調。

元々の調性記号が6つなうえに、
臨時記号が多いので、
弾きにくいこと、この上ない。

フーガも含め、
前半ではこの8番が一番苦手だわ。

たぶん調性が違えば、
もっと弾きやすいんだけどなぁ、、

でもそこはさすがバッハ先生、
そう簡単には弾かせてくれませんね。

・フーガ
弾きにくさはプレリュード同様で、
しかも四声のフーガ。

テーマは、前半でもいくつか見られる、
8分音符の三連打なので、
意識して弾きやすいのが、
せめてもの救いかな。

●第9番(ホ長調)
・プレリュード
7番、11番とともに、
牧歌的な穏やかな曲。

でも、
それなりの速度で弾くと、
それなりに難しい。

・フーガ
7番同様、コラール風(?)、
って言うんですかね、

長めの音符が多くて、
オルガンで弾いたら気持ちよいんだろうな、と。

フーガではあるのだが、
和声的な楽しみの方が大きいかな。

プレリュードもフーガも、
7番に雰囲気が似ている。

●第10番(ホ短調)
・プレリュード
お決まりの、エチュード系短調。

元々の#がひとつだけなので、
臨時記号地獄に巻き込まれても、
それほど苦痛ではない。

装飾音が多めだけれども、
前半終わり近くの、
モルデントの連続で高揚感を高めていく所が、
カッコ良くて好きかも。

・フーガ
4ページあるから、
前半のフーガの中では一番長いかもしれない。

8分の三連符と、
力強い4分の組み合わせが、
独特の雰囲気を出している。

後半、フェルマータで何度か止まったり、
アダージョを挟んでアレグロになったり、
トッカータ的な自由さがあるのかな。

弾くのもそれほど困難じゃない。

●第11番(へ長調)
・プレリュード
16分音符がないことからも分かるように、
プレリュードとしては動きが少ない曲。

その分、小節を跨ぐタイが多くて、
バッハによくある、
「和音のうち、いくつかは残したままで、
他の音を差し替える」
というパターンが頻出することになり、
これが地味に弾きづらい。
※本来は残すべき音なのに、
指が離れてしまったり、
その逆だったり。

ただ、曲としては、
ヘ長調という調性にピッタリというか、

透明感のあるハーモニーと、
調和の美しさを楽しめる。

・フーガ
プレリュードとはうって変わり、
まるでジーグのような躍動感のある曲だ。

パターンが単純なので、
フーガの主題は意識しやすいが、

逆に、ちょっと面白みがないというか、
やっぱりこれはジーグだな(笑)。

●第12番(へ短調)
・プレリュード
短調のプレリュードにしては珍しく、
エチュードっぽくないというか、

4分の2拍子だけれども、
何となくサラバンドを彷彿とさせる、

幾分哀調を帯びた、
どちらかといえば内向的な曲。
(そういう意味では4番に似てる)

技巧的にも特に難しい箇所はない。

・フーガ
プレリュードの雰囲気とはうって変わり、
こちらはいかにもアレグロなフーガ。

主題にある同音の3連続が、
所々で登場するのが印象的で、

それをいかに、
際立たせつつも控えめに奏でるかが、
(たぶん)この曲のポイントかと。

2、3か所、表現が難しいけれど、
弦楽器でいうとポジションというか、

「指の配置換え」?
を余儀なくされる箇所があって、

冒頭の主題で気分良くスピードを上げてしまうと、
後半がちょっと困る。

前半最後のこの12番は、
プレリュード、フーガともに、
バッハの短調曲の美しさを堪能できる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
ということで、
単なる感想の羅列になってしまい、
自分以外には何の興味も湧かないとは思いますが、

ただひとつ言っておきたいのは、

「バッハの曲は、聴くのと弾くのでは、
まったく違う」

ということ。

これは鍵盤曲に限らず、
無伴奏チェロ組曲とかでもそうなのだけれど、

なんだろう、
聴いただけでは分からない、
構成というか戦略の深みみたいなものが、

特にフーガを弾くと、
それらをより実感できる。

語りたいことは山ほどあるけれど、
語るよりも弾くことに専念しよう。

ということで、
来月からは後半をスタート。

第2巻を終えるのは、
順調ならば1年後か…。

世界が元に戻っていることを願いたい。

音楽カテゴリの最新記事