音楽鑑賞について

音楽鑑賞について

たとえばTVのCMとかで、
ベートーヴェンの「運命」の冒頭とかを耳にしたとき、
やっぱり、いい曲なんだな、と思う。

クラシック音楽に限っていえば、
たとえば、その「運命」とか「田園」とか、
ロッシーニの序曲とか、シュトラウスのワルツとか、

音楽にハマることになった曲、
というものがあるはずなのだが、

クラシック音楽好きというのは、
だんだんとマニアックな方向に進むのを、
ヨシ!とする傾向があるようで、

耳慣れてくると、
「運命」?そんなの今更聴いてられっかよ、
てな感じで、

自分を音楽好きにさせてくれた曲からは、
遠ざかってしまう傾向にあるのではないか。

というのも、
たぶん僕がそうなわけで、

先日、もう何十年かぶりに、

「運命」「田園」「新世界」「未完成」

といった、クラシック入門編?的な曲を聴いてみたのだけど、
やっぱりどれもイイ曲なんですよねぇ。

「好きな曲は何ですか?」と聞かれて、
「『運命』です」とは、
クラシック愛好家としては、
なかなか答えられないんだろうけれど、

うーん、でもクラシック愛好家だからこそ、
あえて「『運命』です」って言って欲しいな。
それぐらいの名曲ですよ、やはり。

要するに何が言いたいのかというと、
音楽に限らず、芸術作品においては、

ポピュラーか否か、に関わらず、
イイものはイイわけで、

それを憚ることなくいきましょう、
ということ。

「モナリザ」や「ひまわり」がイイのと同様、
「運命」も「田園」も良いですよ。

音楽カテゴリの最新記事