出雲旅行記(その1)

出雲旅行記(その1)

毎年12月に恒例になった国内温泉旅行。

今年は島根県の玉造温泉松江しんじ湖温泉へ、
2泊3日で行ってきた。

山陰は近距離に2つの空港があるのだが、
米子鬼太郎空港はANA、出雲縁結び空港はJAL、
(これらのネーミングについてはさておき、、)
今回は旅のプラン的に後者を利用することにした。

羽田を発ち、この日のためにKindleにダウンロードしておいた、
『出雲国風土記』を読んでいると、一時間ほどで飛行機が降下、
それまでの空が嘘のように、一面雲の中へ。

八雲立つ出雲

下から湧き上がるような雲を窓の外に眺めながら、
これぞまさに「八雲立つ出雲」なのだと、
妙に納得させられた。

飛行機の到着が遅れてしまい、
慌ててバスに乗り込んだものの、

通常ならば、玉造温泉まで30分足らずで着くところが、
事故渋滞に巻き込まれてしまい、一時間強、

宍道湖の南岸に沿って、
西から東へ湖の横幅の半分ぐらいを進み、
着く頃にはすっかり日が暮れてしまっていた。

『出雲国風土記』によれば、
かつてこの地で国造が、朝廷に捧げるための神聖な玉、
いわゆる勾玉の類を作っていたとのことであり、
温泉については、次のように記されている。

男も女も老いたるも少(わか)きも、
或は道路に連なり、或は海中を洲に沿ひて、
日に集ひ市を成し、まがひて宴す。
ひとたびすすげば、形容(かたち)端正(きらきら)しく、
再び湯浴みすれば、よろづの病ことごとく癒ゆ。
古より今に至るまで、験を得ずといふことなし。
故、俗人(くにひと)、神の湯という言ふ。

一回入ればお肌がツルツルで、
もう一回入ればどんな病気でも治るということで、

玉造温泉の評判の高さは古代だけではなく、
現代も、中心を流れる川の両脇に、
所狭しと宿がぎっしりと並び、

西日本を代表する温泉街として、
かなりの繁華がうかがえた。

この日お世話になったホテルも、
かなりの宿泊客で賑わっていたわけだが、

チェックインして通された部屋の名前が、
なんと「李白」。

李白

ご存知のとおり、
李白といえば酒好きで知られた詩仙。

これはまさに飲まねばならぬという暗示のようで、
この地においてスサノヲに酔わされた八岐大蛇さながらに、
酔って眠って粗相があっても、
我が身からは草薙の剣などは出るはずもないが、
まぁそれなりに呑もうという決意を固く。

お湯の良さについては、触れるまでもなく。

今回、初の山陰旅行では、
食についてもかなり楽しみにしていたわけで、

期待にそぐわぬ山の幸に海の幸、
のどぐろの煮つけに島根和牛、そして松葉ガニと、
合わせたお酒は地元の赤ワイン。

ベリゴ

アルコール度数は12度なので、
これがイタリアンやフレンチ相手だとパンチ不足なのだが、
こういう料理であれば相性抜群、

湯上りの乾いた喉のせいもあり、
あっという間に一人で一本、
部屋に戻ってさらにミニボトルを注文し、

一杯一杯復一杯
我酔欲眠卿且去

という李白先生の詩さながらに、
その夜は更けてゆく。

ウィスキー

大事なことを書くのを忘れていた。

島根の民謡といえば、安来節(やすぎぶし)

あの撥の両耳部分に鼈甲を使った、
独特な三味線の撥で有名(?)なわけだが、

山陰地方だからという勝手思い込みで、
もっと暗い曲だと思っていたのだが、
この日聴いた限りでは、かなりポップで楽しい民謡だった。

それが「銭太鼓」や、
あの「どじょうすくい踊り」と結び付くことで、
民衆芸能としてのエネルギーを増幅させているのを、
身近に体感することができた。

どじょうすくい踊り

滑稽で憎めないどじょうすくい踊りを見ながら、
この芸はもしかしたら、出雲神話のトリックスターともいえる、
「大国主命」をモデルにしているのではないかと、
本気で考えてみたのだが、

その「大国主命」が鎮座されます出雲大社へは、
次の日に訪れることになっている。

雑記・その他カテゴリの最新記事