昆虫食について

昆虫食について

先日、国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告書を発表したとのこと。

ヒト(というか、生物)は、エネルギー代謝を行わないと生命が維持できないため、
とにかく「食物エネルギー」を消費し続けていくしかないわけであるが、
食糧には、いつか限界がくる。

食糧不足が手遅れになる前に、国連がこれを発表したのであろうが、
実際どこまで深刻なのかは、現代日本に暮らしている限りよく分からない。

昆虫食が有効である理由には、大きく2つあって、
高タンパク・低脂肪であること、それと、個体数が多いこと、である。

実は1860年代のフランスでは、
「コガネ虫」を使ったさまざまな実験が行われていたらしい。

コガネ虫は、昆虫の中でも脂肪分が多いため、
その油を抽出すれば既存の燃料の代替となり得るか、
幼虫を食糧にできるか、すり潰したものを家畜の餌にできるか、
そして、肥料として使えるか、などだ。

まさに今回国連が発表したような内容を、
すでに150年前には検証していたわけで、

特に、肥料としての利用では、
かなりの費用対効果を挙げた、という記録が残っている。

ではなぜ一般に普及しなかったのかというと、
詳しい理由は分からないが、

おそらくは、まだそこまでする必要はない、
というのと、あとは心理的な理由が一番だろう。

特に「食べる」という面では、
この心理的理由が最大であって、

僕も子供の頃に、イナゴの佃煮とハチの子は食べたことがあるが、
そこまでが限界。

やはり味覚というのは、視覚の補助を大いに受けるものであって、
見た目がマズいものは、味も不味く感じるのは、これは仕方なかろう。

ただ、すり潰して、サプリとか粉末、液体のような形状にすれば、摂取できると思う。
※たとえば、以前スターバックスでは「ストロベリー・フラペチーノ」の赤色は、
虫から摂取していたと、スタバ自ら発表している。

もしかしたら、この先、
そんな「昆虫加工ビジネス」が盛んになる可能性もあり得る。

ただ、万が一昆虫食が盛んになっても、
イルカやクジラの捕獲に反対する人たちが、
同じように、「コガネ虫の捕獲反対!」と叫ぶとは、ちょっと想像しづらい。

虫がいつまでたっても嫌われモノであることは、避けられないのだろう。

科学カテゴリの最新記事