エイリアン侵略について本気で考えてみる

エイリアン侵略について本気で考えてみる

暇なので多忙の中何とか時間ができたので、
エイリアンが地球を侵略するとしたら(逆に、地球人が他の星を侵略するとしたら)、
どのような方法を取るだろうということを、真剣に考えてみた。

すぐに思い付くのは、SF映画にあるように巨大な母船が地球の近くまでやってきて、
そこから小型宇宙線がワラワラと発進して地球を襲う、というパターン。

映画ならよいかもしれないが、何光年も移動できるほど文明を発達させた知的生命体が、
こんなアホな方法を採用するとは、とても思えない。

なぜアホなのかといえば、
そもそもそんなデカい宇宙船は作らないだろうからだ。

デカければ、その分標的にされやすい。
なるべく反撃されずに侵略できるのであれば、それに越したことはないだろう。

それに、燃料の問題がある。
少なくとも同じ宇宙にいる以上、同じ物理法則の制限を受けることになる。

仮に、何らかの方法で特殊相対性理論の限界を突破できたとして、
光速か、あるいはそれ以上の速度で移動できたしても、
長距離をデカい物体で移動するのであれば、相応の燃料が必要となる。

燃料問題を解決するためには、移動距離を小さくすればよいわけだが、
とてつもなく巨大な重力源を用意して、宇宙空間を折り畳めば、理論的には不可能ではないけれど、
そんな「神業」を使えるほどの知的生命体が、わざわざ地球を訪問する理由が思いつかない。

要するに、デカい宇宙船でやっくることは、極めて効率が悪いわけだ。

だとしたら、発想を逆転させてみよう。

とてつもなく小さい宇宙船であればどうだろうか。

素粒子であれば、光速に限りなく近いレベルまで加速できることは実証済みだ。

ナノテクノロジーさえ発達していれば、素粒子大の宇宙船を作ることは不可能ではないだろう。

「でもそんな小さい宇宙船に、誰も乗れないじゃん?」という疑問があるかもしれない。
それも、ごもっとも。

実はここからが重要なところで、

優秀なエイリアンであれば、わざわざ来訪することなく地球を侵略するのではないか

ということ。

侵略のシナリオは、下記のようになる。

————————–
素粒子大の宇宙船が、ニュートリノのフリをして地球にやってくる。
(もちろん、行動はあらかじめプログラミングされている)


センサーで人間を察知すると、鼻あるいは耳などから体内に侵入する。


そのまま脳にまで到達し、特殊な装置を埋め込む。


その地球人は、プログラミング通りに行動することになる。
————————–

ただこれでは、地球人を思いどおりに操るというだけで、
「侵略」とはいえないかもしれない。

だとしたら、下記のようなシナリオはどうだろう。

————————–
素粒子大の宇宙船が、ニュートリノのフリをして地球にやってくる。


センサーで人間を察知すると、鼻あるいは耳などから体内に侵入する。


遺伝子を自分たちと同じパターンに書き換える。


地球人がエイリアン化する。
(あるいは、エイリアンを産むことになる)
————————–

 

まことに恐ろしいが、賢いエイリアンなら、こういった方法をとるに違いない。

だからといって、必要以上にびくびくすることはないかもしれない。
なぜならば、すでに我々「ヒト」は、宇宙人に遺伝子操作を施された結果なのかもしれないのだから・・・。

科学カテゴリの最新記事