暗い地球と青い火星

我々の感覚というものは、錯覚を起こすようにできている。

感覚器官から入ってきた情報を処理する脳に、
あらかじめバイアスがかかっているためである。

しかも、我々が直接知覚したものではなく、
他人の手の入った何らかの媒体によって情報を得るような場合、
我々の脳を騙すのは、いとも容易になる。

例えば、この写真。

気象庁のホームページに載せられている、
最近、衛星「ひまわり」が撮影した地球の画像である。

暗い地球

地球といえば、大抵の人が、あの鮮やかな青い姿を思い浮かべるのであろうが、
実は、こんなに暗い星だったのか、と最近話題になっている。

鮮明な青い地球の画像は、
加工されたものなのか、それとも太陽の位置によってそのように見えるのか、
ちょっと分からない。

しかしながら、上の画像のような「暗い地球」の姿が、
流布されてこなかったというのは事実である。

そこに何らかの印象操作がなかったと言えるだろうか。

次の写真は、NASAのホームページにあったもの。

火星を上空から撮影したものらしいが(中央の囲みは探査機キュリオシティ)、
説明がなければ、地球上のどこかの画像だと思うだろう。

青い火星

もし加工をしていないのだとしたら、
なんで火星が青いの??と大問題になるだろうから、
これは色を施しているものに違いない。

しかし、なぜわざわざ火星にあたかも湖があるかのような画像にするのか。

いま2つの例を挙げたけれども、
実は、宇宙関連の画像では、色を付けたり画像を加工するのは普通のこと。
(最近では、NASAが火星の空の色を加工していたのが有名)

色鮮やかな星雲や星団の姿は、実は着色済みのものだったりする場合もある。

もちろん、捏造とか悪気があってのことではないのだが、
要するに、情報には注意が必要だし、

たとえマジメな科学的な内容であっても、
100%の真実を語っているわけではないということだ。

いつか宇宙旅行が当たり前になったときに、
あまりにもダークな地球の姿に、がっかりすることがあるかもしれない。

心構えぐらいはしておこう。