「マン・レイ 展」(@国立新美術館)

「マン・レイ 展」(@国立新美術館)

マン・レイ
お盆の時期は、六本木と雖も人が少ないな・・・、と安心していたら、違った。
美術館に行列ができている。

えっ・・・と思ったら、行列はオルセー美術館展のもので、入場まで1時間以上待ちだという。
美術人気も、大したもんです。

さて、そんな行列を尻目に、ガラ空きの「マン・レイ展」へ。

マン・レイという人は、一言で言うなれば「好奇心の塊」のような人。
だから彼の作品に接するときは、こちらも好奇心を以て臨まなければ、失礼にあたる、なんて思いつつ作品を眺めてみると、
まぁよくもここまで作るなぁ・・というのが正直な印象。

おそらく、思い付いたことは何でも形にしないと気が済まないのであろう。
それが優れた作品かどうか、どう評価されるか、なんてのは”おかまいなし”に違いない。

でもここに、現代アートと接するときの難しさがある。
つまり、作者による限られた周波数帯でしか作品が語りかけて来ないので、
その周波数を拾えるようにこちらの脳をチューニングをするのが、大変なのだ。

だから今回のように、一度に大量の作品を見るとなると、もう脳は混線状態。
1週間分ぐらいのカロリーを消費することになる。

でもマン・レイの作品は、デュシャンなどとは違って、とても素朴に・ストレートに訴えかけてくるものがある。
それが、僕がこの人のことが何となく気にかかる理由なのだろう。

アート・芸術カテゴリの最新記事