彫刻とは削る芸術であることの再認識

彫刻とは削る芸術であることの再認識

アルベルト・ジャコメッティ~本質を見つめる芸術家~
普段絵画にばかり慣れていると、如何に色や造形を「プラス」しているかに目が行きがちだが、彫刻というのは、(当たり前だが)「削る」、すなわちマイナスする芸術である。

ジャコメッティ関連の本は、日本では手に入るものが限られていて、今回「アルベルト・ジャコメッティ~本質を見つめる芸術家~」というDVDを購入した。

「本質を見つめる芸術家」という邦題はどうかと思う。そもそも、本質を見つめない芸術家などというものは、いない。
原題は確か、「Eyes on the Horizon」。

ジャコメッティの目を通して眺めた人間というものは、あまりにも削るべき部分が多かったのだろう。

彼がとりわけ拘った目、そして精神性ともいうべきものを残して、存在の形状を極限まで削ったのが、彼の作品ではなかろうか。

「命を削る」という表現があるけれども、彼の彫刻達は、命は削られていない。
むしろその逆で、形を削ることで命の存在というものを浮き彫りにさせているのだ。

結果としては、シーレの描く人物とどこか似通っているのかもしれない。
しかし冒頭に書いたように、絵画と彫刻では、本質に迫るアプローチは全く逆である。

プラスをすることで辿りついた結果と、マイナスをすることで辿りついた結果が似てしまったというのは、ある意味とても興味深い。

いつかそんな比較もしてみたいと思う。

アート・芸術カテゴリの最新記事