ツイッターが大嫌い

ツイッターが大嫌い

なんです。僕は。

「ツイート」(つぶやき)という態度は、
「発言」とは異なる。

「発言」には責任がある。
でも「つぶやき」は公のものではないから、責任を免れ得る、という甘い考えがそこにはある。

もちろん「つぶやき」という行為自体に非はないが、
猫も杓子も、企業や政治家までもが自分の意見を「ツイート」するというのは、
潔さというか責任感が欠如しているような気がする。

つまり、何か言っても、「あれはつぶやきですから」という甘えがあるように思えるのである。

そんな姑息な道具に頼らずに、堂々と物を言えばいいのに。

かつて宗教裁判にかけられ、自説の地動説を曲げざるを得なかったガリレオ・ガリレイは、

「それでも地球は周っている」

と「ツイート」したとされる。

決して公にはできない、まさに命がけの「ツイート」だったわけで、
現代の世に氾濫している「ツイート」とは異質であることは、
言わずもがなである。

雑記カテゴリの最新記事