2014年3月

1/3ページ

津軽本番2days(一日目)

まさかの二日連続本番の一日目。 今日は、「第21回 さくら堤通り花まつり」での演奏。 土曜日だというのに、割と早めに目が覚め、 津軽ではなく、長唄(細棹)を練習するという余裕(?)っぷり。 全然余裕ではなかったのですが(汗)。。 蔵前のリハ会場に行ったら、 メンバーのうち、1人がインフルでダウン、1人が行方不明(゚ロ゚ノ)ノということが判明。 仕方なく、師匠含め三人編成で臨むことに。 何とかリハも […]

diary 2014/03

・2014年3月31日(月) 月末恒例の、コンビニでの公共料金支払い。 店員さんが、何枚もの支払書を重ねてキリトリ線を一回で切ろうとしているのだけれど、 なかなかうまくいかず。 いっそのこと、一枚ずつ切った方が早いのではないかと思ったり。 ・2014年3月30日(日) いま、「好物は?」と聞かれたら、「風邪薬」と答えざるを得ない。 ・2014年3月29日(土) 本番三日前に撥を替えるという暴挙(? […]

三味線の勘所についてのメモ

三味線の奏法において、「何番の勘所」を押さえることが多いのか、 それは果たして長唄、清元などのジャンルによって偏りがあるのか、 ということを調べると、おそらく興味深い結果が得られると思う。 正確な結果はともかく、文化譜でいうところの「3番」の勘所が、 最も使われる勘所のベスト3に入るだろうことは間違いないだろう。 「3番」の勘所は、本調子でいえば、特に一・三の糸では基音から「短三度」の関係にある音 […]

輪唱

職場で流れている某FM局のDJが、こんな話をしていた。 ※ちなみに、この局は僕が大学生の頃は、ほとんどが英語での放送だったのだけれど、 最近は90%が日本語になってる。 しかも、海外かぶれのヘンな日本人がヘンな発音で、ところどころ英語で喋るから、よう分からん。 そりゃスポンサーが付かないわけだ・・・ ——————— […]

「宇宙論大全」(ジョン・D・バロウ)

  海は~♪広いな~♪大きいな~~♪ かもめ~は飛ぶし~♪なんちゃらかんちゃら~♪ みたいな唱歌があったと思うのだけれど、 あののびのびとしたメロディラインは、 海の広さというものをうまく表していて、よくできた歌だと思う。 海は、広い。 では、宇宙は?? 直感的に答えれば、「広い」。 でもなぜ広いって言えるの?? 自分の部屋と比べて?ネコの額と比べて? そういわれると、広いとかデカいとい […]

映画「LIFE!」

レイトショーで観るときは、多少見えづらくても、 通路を挟んで右端にある、隔離されたシート(大抵2シート続き)を取るようにしている。 そこならまず隣に人が座ることはないし、 我が家のように、ウィスキーをあおりながら観ても、誰にも文句を言われない(今のところ)。 今回も首尾よくお気に入りのシートはとれたものの、 3連休の前日だからか、零時を過ぎた上映でも結構混んでいた。 オチのない前置きはこれぐらいに […]

「探幽3兄弟展 ~狩野探幽・尚信・安信~」(@板橋区立美術館)

前から行こうとは思っていたのだけれど、 この美術館のアクセスの悪さに一歩が踏み出せず、 結局、(いつものごとく)展示期間ギリギリになってしまった。 往路は電車でのアクセスの良さを重視して、 新宿三丁目で副都心線に乗り、小竹向原で有楽町線に乗り換え、地下鉄成増で降りる、というルート。 急行に乗れたので、三丁目から小竹まで、なんと二駅。 随分便利になったものである。 地下鉄成増を降りると、新宿よりも確 […]

「異妖編」(岡本 綺堂)

綺堂得意の、江戸を舞台とした怪談三篇。 二話めの「寺町の竹藪」は、怖い。 十一歳と十三歳の二人の少女が、謎の失踪死を遂げる話で、 最後まですべてが謎のままであるところが、異様さを際立たせている。 綺堂は最早このブログの常連となっているが、 とにかく飽きない。 読む物に困ったら頼るようにしている。

「方言」(折口 信夫)

どうゆう基準かは分からないが、いくつかの方言を採り上げて、 それらのルーツや意味を検討する、という内容。 ほとんど聞いたこともない語ばかりだったのだが、 東京の方言として紹介されている「モロに」という語は、 今も使うことが多いので、興味深かった。 江戸語だったのですね。

Into the Blue(Kylie Minogue)

もはやオバ、、、いや、大御所の域に達しつつある、 カイリー・ミノーグのNew Albumが発売ということで、 その中の「Into the Blue」が、それはもうかかりまくりで、耳に残りまくりです。 今朝もメロディが頭を巡りながら、目が覚めました(実話)。 僕みたいなオッサン世代の心をくすぐるような、 イントゥ・ザ・ブル~ゥ~♪の伸びやかなサビの部分は、 clubでかければ、イマドキのコたちにもウ […]

1 3