2021年、UKのドラマ映画「ボイリング・ポイント/沸騰」
2021年、UKのドラマ映画。

なぜレストランを舞台にした作品に、
惹かれるのかを考えてみると、

「客・ホール係・料理人」
という、3者3様の立場を設定しやすいこと、

レストランという非日常空間における、
特殊なドラマを、
複数並行して描きやすいこと、

料理を目で楽しめるという、
ビジュアル効果があること、

ざっと考えてもこれだけあるので、
まぁ、鉄板なのです。

特に外食好きの自分としては、
まさに「大好物」の設定といっていい。

また、先に言ってしまうと、
本作品は90分間全編、
ワンショット・ノー編集で撮影されたとのことで、

つまり、レストラン開店からの90分間が、
そのままストーリーになっているわけで、

まさに「レストラン内での同時性」を、
リアルに感じられる作品になっている。

さて、この映画。

主人公のシェフは、
過労や家庭の問題から、
アルコールやドラッグに溺れてしまい、

仕入れや仕込みなどもままならず、
衛生局からも、店の管理状態について、
大減点を喰らってしまう。

当然ながら、スタッフにも、
フラストレーションが溜まっており、
まさに一触即発の緊張感を抱えたまま、

クリスマスの夜という、
1年で最も忙しい夜がやってくる。

陽気な女性グループや、
文句の多いファミリー、
婚約祝いのカップルに、
シェフの元上司と料理評論家など、

様々な客に接しながら、
ホールと厨房もバトルを繰り広げる。

正直料理については、
リアルさを追究したためか、
それほど目の保養になったわけじゃないけれど、

とにかくレストラン内での人間模様が、
一瞬も飽きさせない、
これはなかなかの逸品でした。

ただひとつだけ難癖をつけるならば、
最後の最後がちょっと投槍だったかも。。

適正価格(劇場換算):1,900円


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です