2016年、USのSF映画「インデペンデンス・デイ2016」
いや、いいよねB級SF。

タイトルから内容は想像できるだろうから、
詳しくは説明しませんが、
他の侵略系SFと違う点としては、

侵略者側が友好的な立場を示し、
輸送船に地球人を乗せようとしていること。

まぁ、フツーにドンパチするぐらいなら、
もうネタは尽きてますからね。

地球人を安全な地に移送するから、
地球をクレ、っていう。

もちろん、そんなタテマエは、
嘘なわけで、
地球人は撲滅される運命にあるわけですが。

そこで立ち上がったよ、
民兵&副大統領。

UFO内部の映像はイマイチすぎるが、
低予算B級映画としては、

まずまずストーリーも見れるし、
頑張っている方なのでは?

最後のオチは、
本家『インディペンデンスデイ』もそうでしたが、
H.G.ウェルズ以来のアレですよ。

細かいツッコミどころは、
挙げたらキリがないものの、

酔った勢いで見れば、
まぁ、アリなんじゃね?っていうレベル。

適正価格(劇場換算):1,200円


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117
One thought on “映画「インデペンデンス・デイ2016」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です