2021年、オランダのドキュメンタリー映画「レンブラントは誰の手に」
2021年、オランダのドキュメンタリー。

絵画を、
何としてでも手に入れようとする者、
手放そうとする者、
家族のように接したい者、
画家の未知の作品を見つけたい者、
・・・・・

自分のような一般人的には、
絵画とは鑑賞の対象なのだが、

世の中には、上述のように、
様々な接し方をする人がいる。

この映画は、
レンブラントのいくつかの作品における、
そのような複数のケースと、
それに纏わる人間ドラマを、
克明に描いている。

絵画の持つ魔力なのか、
それとも単なる経済価値なのか、
あるいは収集欲なのか、

この映画では、
芸術作品における一般的な価値観とは異なる、

多角的な視点での価値観を、
観る者に訴えかけてくる。

果たしてそれは、
絵画を純粋に鑑賞する喜びと、
通ずるものなのか、
または相対するものなのか、

絵画好きの視聴者であればあるほど、
そのジレンマに悩まされるのかもしれない。

それでも、絵画好きの方は必見かと。

断片的ではあるが、
レンブラントは何が優れているのか、
が具体的に学べるのに加え、

そもそも絵画を楽しむとは、
どういうことなのかという、

芸術との接し方についても、
深く考えさせてくれる。

適正価格(劇場換算):2,000円


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です