「改訂完全版 暗闇坂の人喰いの木」(島田 荘司)

「改訂完全版 暗闇坂の人喰いの木」(島田 荘司)

改訂完全版 暗闇坂の人喰いの木
この作家の作品を読むのは3作目。

『斜め屋敷の犯罪』の大胆なトリックに惹かれ、
次に、評判高い『占星術殺人事件』を読んだものの、

オカルト色が強すぎて、
謎解き小説としてはイマイチだった。

そして、この作品。

結果としては、
かなり満足のゆく作品だった。

まずはその猟奇性。

ある意味『占星術殺人事件』以上に、
血腥く、残酷な話ではあるのだが、

怪談的・冒険譚的要素がプラスされているせいか、
ワクワク・ゾクゾク感は、こちらが上。

そして、『斜め屋敷の犯罪』で披露したような、
物理トリック。

そんなの絶対ムリでしょ!

と思うのが、
実際そのとおりだったりするのだが、

推理小説として論理が破綻している箇所もなく、
殺人の動機にしても納得がゆく。

横浜の暗闇坂という、
ローカルで不気味な土地と、
スコットランドのネス湖畔を行き来し、

さらには戦前のエピソードと、
50年近い時間を行ったり来たりしながら、

個性豊かな人物たちが、
(良くも悪くも)活躍する、

ミステリー初心者にもオススメできる、
満足な一冊だった。

本・読書カテゴリの最新記事