Glenfiddich CAORAN RESERVE

Glenfiddich CAORAN RESERVE
Glenfiddich CAORAN RESERVE

Glenfiddichは旨いんだけれども、悪く言えば、個性が弱い。

ということで、今回は「カオラン・リザーブ」を買ってみることにした。

シングルモルトというと、割と高いものも多いのだけれども、Glenfiddichはコストパフォーマンスが良く、
この「カオラン・リザーブ」も、通常のものとほとんど変わらない値段。

さて味は、というと、通常版にほのかな渋みとやや鋭い辛みを加え、かといってマイルドさは失わず・・・といった、
シングルモルトの醍醐味である「複雑な味わい」が楽しめます。

それにしても酒の味を言葉にするのは、非常に難しい。

料理の場合であれば、見た目と素材の説明で、ある程度イメージの補足はできるけれど、
酒(カクテルは除く)の場合は、そうもいかない。

よくワインの能書きとかで、「ベリーを思わせる味わい・・・」とか、「バニラ風味の・・・」とか見かけるけれど、
苦し紛れもよいところだろう(実際、そんな味がするわけがない)。

ということで、そもそも酒のことをここで書こうとすること自体が冒険なわけだけれども、
興味がある方は舌で確かめていただければ。

「Glenfiddich CAORAN RESERVE」、常温の水で割っていただくと、香りが一層引き立ちます。

カテゴリの最新記事