ピュアモルト(レッド)

ピュアモルト(レッド)
ピュアモルト

 

演奏会本番の4日ほど前に、ウィスキーが切れそうになったので、
願掛け(?)も込めて、演奏会が終わるまではウィスキー断ちすることにし、

だが本番の演目と演目の間に、なぜか楽屋で胃が痛み出し、
次の日になってもさらに痛むという事態となったため、

結局、大好きなウィスキーを一週間ほど飲まなかったことになる。

胃が痛かったときは、珍しく酒を飲みたいと思えなかった。
でも、治ることを見越して、ちゃんと買いに行った。

店にある安スコッチは制覇してしまったので、
しばらくは国産を飲むことにした。

国産ウィスキーは、一定レベル以上になるとコストは割高だが、クオリティに心配はない。

今回は、「ピュアモルト」のうちの「レッド」の紹介。

「ピュアモルト」で検索すると、ウィスキーよりも三菱鉛筆社製のボールペンが、
なぜか上位にヒットする。

調べてみると、「ピュアモルト」のウィスキー樽としての耐用年数を過ぎた木材を再利用し、
ボールペンや、スピーカー、ベッドなどの材料にしているそうな。

日本人が得意とする、リユースというやつですな。
ウィスキー樽で作った笛があれば、ぜひ吹いてみたい。
果たして酔っ払うのだろうか。

さて、ホームページの解説によると、

—————————–
モルトウイスキーは「シングルモルトウイスキー」と「ピュアモルトウイスキー」に分類され、
「ピュアモルトウイスキー」とは、複数の異なる蒸溜所でつくられたモルトウイスキーをヴァッティング(混和)したものです。
モルト原酒の個性が融合し、それぞれのシングルモルトとは異なる魅力を生み出しています。
—————————–

とのこと。

でもって、この「レッド」は、ニッカの宮城峡蒸溜所のモルトが主体ということだ。

味はというと、これが最高に旨い。

程よい甘さと豊かな香りで、ストレートで楽しむにはうってつけだ。

500mlで1,600円ぐらいなので、そこそこの値段にはなるが、
これに慣れてしまうと、もう安いブレンデッドには戻れない危険性がある。
それぐらい旨い。

実はこの記事を書きながら飲んでいるのは、
「レッド」ではなく「ホワイト」の方なのだけれども、

その「ホワイト」の紹介は、後日、
今度は「ブラック」を飲みながら書くことにしよう。

カテゴリの最新記事