厳選辛口 吉乃川

厳選辛口 吉乃川
厳選辛口 吉乃川

「厚」という字を見ると、「厚い本」というように、
物理的に厚いことを第一に思い浮かべてしまう。

あらためて字典で調べてみると、
「厚意」「厚顔」「厚情」「厚生」「温厚」など、
物理的ではなく、「あつみがある」という意味で使われるのがほとんどである。

「重厚」というのは、ちょっと見たところは物理的な厚さのことのようだが、
「重厚な作品」という使い方のように、実際はやはり「物理的ではない厚さ」の場合が多いようだ。

「濃厚」という熟語でも同じく、感覚的な意味で使われているわけだが、
「濃厚」という言葉は、「淡泊」と反対の「こってりしている」という意味で使われる場合の他に、
「可能性が高い」という意味でも用いられる。

「あの候補の当選は濃厚である」

といった場合、別にその候補者の顔が暑っ苦しいわけではなく、
「間違いなく当選するだろう」ということであって、

よくよく考えてみると、なるほど、とは思えるのだけれど、
一方で、「こってりしている」というのと「可能性が高い」というのを、
同じ熟語で表さなくてもよい気もする。
まぁ、漢字の世界というのは奥が深い。

要するに、この「厳選辛口 吉乃川」の味が「濃厚である」ということが言いたかったわけだが、
それはもちろん「可能性が高い」ということではなくて、
「しっかりしている」という意味である。

「辛口」であることと「濃厚」であることは、矛盾しない。

そういえば、「辛口」という言葉も、「厳しいことを口にする」という意味があるから、

「今度の担任の教師は、辛口であることが濃厚である」

なんて言われると、もう味のことなのやら何やら、訳が分からなくなる。

訳が分からなくなったところで、この文章も終わりにしよう。

カテゴリの最新記事