ピュアモルトウイスキー 早稲田の杜

ピュアモルトウイスキー 早稲田の杜

ピュアモルトウイスキー 早稲田の杜

まずそもそも、「早稲田の杜」とは何ぞやということなのだが、

都の~♪ 西北~♪

ではなく、都の遙か北の北、
群馬との県境近くに、埼玉県本庄市があり、
そこにある地名が「本庄市早稲田の杜」。

早稲田大学付属の本庄高等学校があるので、
それが地名になった(たぶん)わけで、

上越・北陸新幹線では、
熊谷と高崎の間に本庄早稲田駅がある。

まぁ一時間に一本しか列車が停まらない、
新幹線駅としてはかなり不便には違いないわけだが、
要するに、早稲田の杜とはそういう場所。

ただ、このウィスキーの製造所は山梨県韮崎市とのことで、
「早稲田の杜」というネーミングは、

このウィスキーの販売元である、
ホームセンターで有名なカインズ社の本社が、
ここにあることに由来している。

なので当然、
ホームセンターのカインズでしか買えない(はず)。

肝心の味であるが、
最近はピュアモルトなんて贅沢品は飲んでないので、
比較はできないけれども、

次も買いたいかと言われれば、
うーーーーーん、Noかな。

結構クセが強いというか、
喩えが悪いけれど、マルティニーク産のラムを飲んだときが、
こんな印象だった。

頑張ってオリジナリティを出そうとして、
悪い方向に行ってしまった、みたいな。

ただ、僕はウィスキーをストレートでしか飲まないので、
ハイボールとかにすれば、
このクセは少しは緩和されるのかもしれない。

でも、これで一本1,000円ぐらいなら一考してもいいが、
2,000円近くするし、
であれば、素直にスコッチを飲まない理由がない。

カテゴリの最新記事