映画「デッドゾーン」

映画「デッドゾーン」

クリストファー・ウォーケン 主演、映画「デッドゾーン」
1983年のアメリカ映画。

クローネンバーグ監督というと、
『ザ・フライ』の印象が強すぎるが、

こういうドラマ色の強い作品も、
あるのだなぁ、と。

主役は、クリストファー・ウォーケン。

現在の「おじいちゃん俳優」(失礼)としては、
個人的には一位、二位を争う存在で、

『25年目の弦楽四重奏』での、
衰えたチェリストの演技が強烈だったわけだけれども、

そんな彼の、
若かりし日の演技を堪能できる。

ストーリーは、以下のとおり。

交通事故にあった主人公が、
5年間の昏睡の末、意識を取り戻したところ、

触れた人の過去や未来を、
見透かすことができるという、
特殊能力を身に着けていることに気付く。

その特殊能力が、
世間で噂になることに困惑しながらも、
良きことに使おうとしてゆく彼であったが、

あるとき、
とある上院議員候補の未来を見てしまったことで、
人生を踏み誤ってしまう。

特殊能力という設定が、
現実離れしているものの、

それ以外については、
極めて日常的なトピックスを扱っており、

サスペンス・スリラーというよりも、
ドラマ色の方が強い。

主人公が、
自身に備わった特殊能力に悩みながら、

最後はそれを、
世の中のために使うという決意するのが、
この映画の見どころ。

絶賛するほどではないが、
まぁ、40年前の映画と考えれば、
悪い出来ではないかな。

適正価格(劇場換算):1,400円

映画カテゴリの最新記事