映画「テイキング・ライブス」

映画「テイキング・ライブス」

アンジェリーナ・ジョリー主演、映画「テイキング・ライブス」
2004年のアメリカ映画。

「セブン」「羊たちの沈黙」系の、
サイコ・スリラーなんだけど、
脚本がイマイチ。

アンジェリーナ・ジョリー演じるFBI捜査官が、
連続殺人犯を追い詰める、
という話なのだけれど、

そもそも彼女の、
「プロファイラー」という特殊能力が、
まったく活かされていないし、

え、いきなりそんな男とヤッちゃうの?っていう、
いわば「脱ぎ損」だし、

ラスト15分のクライマックスに至るまでの、
演出がもっと欲しかったなぁ、と。

おそらく原作の『人生を盗む男』は、
犯人の異常性とかを、
もっと緻密に描いているのだろうけれど、

映画では、
死体の映像をクローズアップするばかりで、

犯人のサイコっぽさも伝わらないし、
追う警察側にも緊張感がない。

アンジェリーナ・ジョリーのエロシーンだけで、
かろうじて救われてる作品。

適正価格(劇場換算):800円

映画カテゴリの最新記事