ゴッタン

ゴッタン

ゴッタン

 

ゴッタンとは、
五反田を本拠地とする飲んだくれのこと。

ではなく、通称「箱三味線」、
すべて木でできた、薩摩の三味線である。

珍しかったので、ヤフオク!で落としてみたのが、
今日届いた。

まずは糸をすべて外し、
蝋ワックスで磨く。

ついでに糸を、
三味線用の新しいものに張り替える。

ただ、一の糸は津軽用だと、
太すぎて糸巻きの穴を通らないため、
やや太めの二の糸で代用。

準備は整った!
早速弾いてみる。

皮ではなく板張りなので、
撥は使えないため、ピックを使用。

ツボ(勘所)が3つぐらいしか打ってないので、
感覚を頼りに弾いてみると、まずまずイケるではないか。

短棹よりも、さらに小ぶりなので、音を捉えるのに苦労はするが、
普通の三味線とまったく同じだったらおもしろくないので、
それはそれで楽しめる。

ただ如何せん、音の魅力はゼロ。
小学校の工作で作ったギターの音色が、若干三味線に近くなったようなカンジだろうか。

難しい本に疲れたときに、週刊誌でも読むような感覚で、弾いてみたい。

音楽カテゴリの最新記事