三味線練習メモ

三味線練習メモ

野良三味線を決め込んでからというものは、

「津軽三味線小山貢民謡集」
「藤本琇丈民謡選集」

あとは、一曲ずつ売られている長唄の譜面(赤い表紙)が、
僕の師匠となっている。

その「津軽三味線小山貢民謡集」の、
第12集を最近買ったのだが、

そこに収められている「津軽あいや節」の手が、
なかなか凝っていて面白い。

津軽あいや節

「津軽あいや節」には、
「古調」(短調)と「正調」(長調)があり、

なぜかマイナーな「古調」の方は2通りの手を覚えているのだが、
「正調」の方はすっかり忘れていたため、
久々にレパートリーを増やそうかなと思いまして。

右側のページの一段め最後から三段めにかけて、
一の糸だけで高い音まで行ったり来たりするフレーズは、
じょんから新節などではよくあるのだけれど、
あいや節では珍しいのかもしれない。

唄が入ってからは当然大人しくなるのだが、
その分、前奏は割と自由なのが、
津軽らしいといえば津軽らしい。

ただ「あいや節」は、
西洋音楽にはない独特のリズム感を要求され、
2拍めが若干長い、

つまり、極端にいうならば、
4分の3拍子の、2拍めが符点4分音符となり、
最後が8分音符になる、というイメージで、

しかも歴然とした符点リズムではなく、
言うなれば、「溜め」。

そう、この2拍めの「溜め」を、
いかに表現できるかが、この曲の肝になっている。

気長にやっていこうと思う。

音楽カテゴリの最新記事