バッハ「協奏曲 ニ短調 BWV974」より「アダージョ」

バッハ「協奏曲 ニ短調 BWV974」より「アダージョ」

最近、練習前のウォーミングアップに弾いてるのが、これ。

原曲はマルチェロ作曲の「オーボエ協奏曲」で、
それをバッハがクラヴィーア独奏用に編曲、

全体は3楽章からなるのだが、
その第2楽章のアダージョがとりわけ有名となっている。

今から300年ぐらい前の曲なのに、
上の動画のようにムーディな感覚がとても似合う、
不思議な魅力を備えている。

主音の8分音符が6連続する冒頭があって、
右手はそこから一度上がるのだけれど、

左手に再度主音を弾かせることで、
2小節めにしていきなり長二度の緊張感が現われ、

左手が淡々と8分音符を刻む中、
右手はまるで即興のように自由に動き回るというのが、

何とも絶妙な心地よさで、
さすがバッハは、他人の曲をアレンジする場合でも、
目の付け所が違う。

ちなみに原曲は下の動画で、
ちょうど3分あたりからアダージョとなる。

オーボエの素朴な響きも悪くないけど、
やはりピアノの艶っぽい響きの方が、僕は好きかな。

アール・ワイルドも自身の編曲を残しているけれど、
それほど秀逸というわけでもなく、
うーん、これならバッハ版の方がいいかも・・。

音楽カテゴリの最新記事