三味線版マルチェロのその後

三味線版マルチェロのその後

マルチェロの「アダージョ」
(厳密にはそれをバッハが鍵盤用に編曲したもの)
を三味線譜にしたことは、
以前にここで紹介したが、その後について。

弦楽器を弾く人には分かると思うが、
ひとつのフレーズを、

「どの弦を」「どのポジションで」「どの指で」弾くか、

について色々なパターンが考えられるため、

あれこれ試しては直し、を繰り返していたら、
結構時間がかかってしまった。

最近ようやく形になってきたので、
そろそろ伴奏(ピアノ)に合わせようかと思い、

まずは自分でピアノを弾いているのを、
スマホで録音したのだけれど、
音質・音量が不満だったので、

PCで専用のソフトに打ち込みし始めたが、
それも面白くないと思い、

はて、どうしたものかと悩んでいたら、

何だ、我が家は電子ピアノなので、
演奏をそのまま録音できる機能があるじゃないか。

おまけにUSBポートもあるので、
録音したものを取り出せるし。

ということで、
ピアノ録音問題はあっさりと解決したので、
いよいよ仕上げに向かって、あと少し。

音楽カテゴリの最新記事