カエル in プリニウスの博物誌

カエル in プリニウスの博物誌

先月だったか、
未だ梅雨の明けないとある夕方、

家の前の路地で、
目の前を一匹のヒキガエルが横切った。

東京とはいえ、
別にヒキガエルなど珍しくもないのだが、

コロナ禍により、
数か月も家に籠りきりだったこともあり、

普段とは違った、
愛情というか、好奇心を含んだ眼で、
その姿をしばらく眺めていた。

カエルといえば、
『日本書紀』の応神天皇十九年、

帝が吉野へ行幸した際、
地元民の歓待を受ける場面があるのだが、
そこでは彼らを以下のように記している。

その人となり、甚だ淳朴なり。
常に山の菓を取りて食ふ。
また蝦蟇を煮て上き味とす。
名付けてモミと曰ふ。

タンパク質の乏しかったであろう山中のこと、
カエルを食すことぐらい、
意外でも何でもないように思うのだが、

『紀』にわざわざ記されているということは、
都びとにとっては、
驚きの対象であったのだろう。

確かに、いざカエルを食べるとするならば、
鳥や魚と同じように、
焼くのが無難なのではないかと思うれ、
煮るというのは、想定外かもしれない。

でもまぁ、水炊きやふぐ鍋のように、
身を細かく、あるいは薄く切ってしまえば、
食べられないことはないのか…。

でも「蝦蟇を煮て」と書かれると、
何となくカエルをそのまま丸ごと、
煮え立ったお湯に入れるのを、
想像してしまうのは、不思議だ。

その後はよく知られているとおり、
筑波山の「蝦蟇油」のように、
江戸時代には塗り薬として重宝されたわけだが、

翻って、西洋の「カエル事情」はどうだったのかと、
手元にあるプリニウス先生の『博物誌』を繙いてみたところ、

あちらでもどうやら、
カエルは様々な用途で活躍していたらしい。

なかなか傑作も多いので、
その一部を紹介してみよう。

カワガエルの肉を食べるか、
それを煮詰めた煮汁を飲むと、
アメフラシやヘビの毒を消す。
調合に葡萄酒を用いると、サソリの毒を消す。

デモクリトスは言っている、
生きたカエルから他の肉を少しもつけずに、
その舌を抜き取り、
そのカエルを逃がしてやった後、
それを眠っている婦人の動機を打つ心臓の上にのせると、
彼女はすべての質問に対して、
正直な回答をする、と。

カエルは人間の生活にとって、
法律よりも有益であると考えねばならない。
カエルの性器から口までアシで刺し通し、
そして夫が妻の月経の血の中に若枝を一本立てると、
彼女は姦夫に嫌気がさしてくるということだ。

人々の会合にヒキガエルを持ってくると、
話が途絶える。

ヒキガエルの右脇にある小骨を、
沸騰している湯に投げ入れると、
その器は冷めてしまい、
その後その小骨を取り除くまでは沸騰しない。

カエルの左脇に「犬の毒」と呼ばれる骨があり、
それを油に入れると沸騰状態となる。
それによって犬の攻撃が撃退される。
それを飲み物に入れて飲むと愛情が起こり、
仲違いが解消される。
それをお守りとして身につけていると、
催淫剤の効果がある。

さらに右脇の骨は、
沸騰している液を冷ます。
この骨を新しい小ヒツジの皮に包んで身につけると、
四日熱、その他の熱病を癒すが、
愛情は抑えられる。

小さいカエルが出す血液様の粘液は、
新しいうちにそれを塗ると、
きわめて有効な脱毛剤となる。
そしてカエルそのものも、それを干して潰し、
3ヘミナの水に入れて3分の1に煮詰めるか、
ブロンズの器で油に入れて煮詰めたものも同様だ。

ヤブヒキガエルを十分に煮て飲ませると、
ブタの病気が癒える。

出血を止めるには、
カエルの灰または、
その血液を乾燥したものをつける。

カエルが水の中で生まれたばかりで、
尾のあるオタマジャクシである間に、
それを新しい焼物の器で焼き、
その灰を鼻血を出している人の、
鼻孔に詰めるがよい。

咳は、カエルを浅鍋に入れ、
それ自身の液で煮詰めたもので癒される。

歯がぐらつくときは、
2匹のカエルの脚を切り取り、
その体を1ヘミナの葡萄酒に浸し、
ぐらつく歯をその液ですすぐことが、
奨められている。

これが世界を席巻した古代ローマの知恵だ、
どうだ、参ったか(笑)。

これらに比べれば、
なに、カエルを煮て食うぐらいは可愛いもので、

それに驚いた『紀』の著者と、
カエルの奇天烈な用途を、
(おそらく)ドヤ顔で記したであろう、
プリニウス先生との、

スケールの違いというか、
想像力の次元の差が、

なかなか興味深く思えてくるのである。

我が家の前に佇むカエルよ、
万が一、捕まって煮られでもしたら、

くれぐれも沸騰するまで何もしない、
ということはないように。

雑記・その他カテゴリの最新記事