シュルレアリスム

デ・キリコ展(@パナソニック汐留ミュージアム)

デ・キリコの絵というのは、一見シンプルで分かりやすい。 が、よく見ると、どうも謎めいて、容易に理解できる代物でもない。 縦に伸びる直線の多用、物憂げに伸びる影、大胆なパース・・・ 語ることができる特徴は多く備えているものの、 確信をもった解釈ができない。 逆に言えば、自由に見ることを許してくれる。 この画家の人気の最大の理由はそこであろう。 ・「彫像のあるイタリア広場」 これが典型的なデ・キリコ。 […]

「シュルレアリスム展」(@国立新美術館)

芸術には二つのベクトルがある。「作品」と「行為」と。 例えば、「ホロヴィッツがショパンを弾く」といった場合、 ショパンの「作品」も、ホロヴィッツが弾くという「行為」も、 どちらも鑑賞の対象となり得る芸術であると言える。 それはもちろん、音楽というものが再現芸術であるからであって、 美術、特に絵画の場合は、「行為」が着目されることはまずあり得なかった。 我々は、レオナルドやモネの「作品」を楽しむので […]

「マン・レイ 展」(@国立新美術館)

お盆の時期は、六本木と雖も人が少ないな・・・、 と安心していたら、違った。 美術館に行列ができている。 えっ・・・と思ったら、行列はオルセー美術館展のもので、 入場まで1時間以上待ちだという。 美術人気も、大したもんです。 さて、そんな行列を尻目に、 ガラ空きの「マン・レイ展」へ。 マン・レイという人は、 一言で言うなれば「好奇心の塊」のような人。 だから彼の作品に接するときは、 こちらも好奇心を […]