マニエリスム

「エル・グレコ展」(@東京都美術館)

世間的に名高い画家というものは、 どこかしら優れた点があるものだが、 正直、エル・グレコの良さだけは、僕には分からない。 そんな苦手意識解消の意味もあり、観に行ってきた。 結論としては、 「やっぱりどこがいいのか、さっぱり分からない」。 マニエリスム、と言ってしまえばそれまでなのだが、 形式を理由に作品を弁護するのは、本末転倒だと思う。 だから敢えていうと、デッサンが下手ですよね、この人。 体のバ […]