「ルドンとその周辺―夢見る世紀末」(@三菱一号館美術館)

「ルドンとその周辺―夢見る世紀末」(@三菱一号館美術館)

ルドン展
またもや最終日に駆け込み鑑賞。
最近、なんというか、何事もギリギリにならないと進まない。
仕事でも、1日1時間でも進めておけば、今頃だいぶラクだったのに・・・と思うことがよくある。
追い詰められても最後は必ず終わらせるという自信?みたいなものがあるから、尚更タチが悪い。

僕がルドンに初めて興味を持ったのは、彼の代表作「瞳を閉じて」を見たのがきっかけで、
そのあと、岐阜の美術館にはルドンの作品が豊富にあると聞いて、見に行く計画を立てていたのだけれども、
生憎の締切忙殺地獄にどっぷりと浸かってしまい、まともに「瞳を閉じる」時間すらとれずに月日が経過してしまっていた。

今回の主役は「グラン・ブーケ」なのだけれども、個人的には木炭画の魅力を再認識させられた。
いわゆる「ルドンの黒」と呼ばれる所以の作品群なのだけれども、
リトグラフやエッチングの「黒」よりも、やはり木炭画の「黒」、あの地の色がオレンジがかった何とも言えない触感を醸し出しているところが、大変気に入った。
※「触感」と書いたけれども、もちろん実際に触ったわけではなく、あくまでもテクスチャとしての「触感」。

木炭画は、「ポジ」と「ネガ」のいわば二進法で世界を表現するわけで、
「0」と「1」からなるデジタルの世界との共通点(?)があるような気がして、
それはそれで、不思議。

この世界は結局は単純な原理の積み重ねなんだと、妙に納得しながら会場を後にしたわけだが、
外に出てなんか寒いと思ったらコインロッカーに外套を忘れたことに気付いて、取りに戻る始末。

アート・芸術カテゴリの最新記事