「物理学と神」(池内 了)

「物理学と神」(池内 了)

物理学と神
科学の諸法則を突き詰めれば、最後はいくつかの定数の壁にぶち当る。

それらの定数には、「なぜ?」という、おそらく文明の進歩を促進させたであろう「お決まりのフレーズ」はもはや通用しない。

だからそれらの定数は、神が決定したと言うしか、いまのところ説明の仕様がない。

ただ僕個人の考えとしては、別に神が敢えてこのように宇宙をデザインしたわけではなく、
いろんなタイプの宇宙が出来ては消え(あるいはそのうちのいくつかは消えていないかもしれない)、たまたま我々の住むこの宇宙が残っているだけなのではないか、ということ。

それは例えば地球上の生物の進化を見ても同じで、生命誕生以来、生物のデザインはものすごくたくさん生じたけれども、
様々な理由で廃棄されてしまったデザインがほとんどである。

ただ生物の場合は化石という形で、かつてはこういうデザインがあった、ということが分かるけれども、
宇宙には化石がないので、実はいろんなタイプの宇宙が存在していて、たまたま残ったのが我々の宇宙のタイプなのだ、ということを証明できる物的証拠が、ない。

いわゆる「並行宇宙」がそれにあたるのかもしれないが、かつてビッグバンの名残を発見したのと同様、もしも「並行宇宙」の存在を知らせる物的証拠が見つかれば、宇宙論はあらたな段階に突入するだろう。

本・読書カテゴリの最新記事