長谷川 政美 著「ウイルスとは何か-生物か無生物か、進化から捉える本当の姿」(中公新書)
ここ数年のいわゆる、
コロナ禍において、

ウイルスに関する本が、
たくさん出て、
自分もそれなりに読んだ、

そのうちの1冊。

コロナウイルスをはじめとして、
天然痘やインフルエンザなど、

ヒトに多大なる影響を及ぼしてきた、
ウイルスたちの系統図を辿りながら、

それ自身の進化だけではなく、
ヒトを含めた哺乳類とウイルスが、

いかに共存し、
いかに共進化してきたかを、

具体的に分かりやすく、
解説している。

特に、哺乳類の胎盤が、
レトロウィルスなしには、
機能しえなかった、

というあたりは、
目から鱗で、

ウィルスや細菌といった、
生物内部の世界を、
解析することなしには、

これからの進化学は語れない、
ということを、
理解できた本であった。


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です