筒井 康隆 作「ロートレック荘事件」(新潮文庫)
恥ずかしながら、
筒井康隆は一冊も読んだことないし、

しかもこの作家は、
ミステリーが本職でもないので、

あまり期待度は高くなかったのだが、
良い意味で裏切られた。

閉鎖的な屋敷を舞台に、
人物が一人、二人、と殺されるという、
ストーリーは単純だし、

犯人の動機や、
殺害方法やトリックなど、

ミステリーとしての完成度は、
むしろ低いのかもしれないけれど、

何といっても、
計算尽くされた文章術による、
いわゆる「叙述トリック」に、
見事にやられてしまった。

読者の思い込みとか盲点を、
巧みに操り、

ラスト近くになって、
自分は登場人物すらも、
まともに把握できていなかった、

と、すがすがしいまでに落胆(?)させてくれる、
カタルシス的な読後感。

現実感は薄いのだけれども、
主人公の鬱屈した複雑な心情についても、
見事に描かれていて、

最後の終わり方は、
切なくさえもある。


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です