北山 猛邦 作「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)

叙述トリックの秀逸例だと、
どこぞの書評で紹介されていたので、
読んでみた。

いわゆるクローズドサークルもので、
しかもほぼ全員が探偵という、
特殊な設定もあり、

物語としては、
それなりに楽しめたかな。

でも「ミステリー」としては、
残念ながら、イマイチ。

以下、ややネタバレ注意。

最後の最後で、
意外な人物が犯人だと分かるのだが、

確かにその人物の存在は、
ほのめかされてはいたけれども、

それを叙述トリックとは、
言わないだろ~。

他の人物が、
その人についてほとんど言及していないのは、
明らかに不自然だし、

まぁ、途中から、
「人数が合わない」ってことには、
読んでる方も気付くわけなのだが、

でもそんな「影武者」みたいな人物が、
実は犯人でした、というのは、
安直すぎるというか、お粗末。

なので、
ミステリーというか、

スリラーとして読むならば、
そこそこ楽しめるんじゃないでしょうか。


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です